ヒゲのレーザー脱毛は痛い?

レーザー脱毛でヒゲの脱毛をしたいと思っている人は多いはず!しかし、気になっているのが医療脱毛は痛いんじゃないか?ってことじゃないでしょうか。痛いか痛くないかで言えば、正直痛いですね。レーザー脱毛で無痛ってのはあり得ないと思います。

 

特に、男性のヒゲは他の部位に生える毛と比べての一本一本が太くて硬く、黒々としてしっかりとしています。レーザーは黒い色に強く反応して毛母細胞にダメージを与えます。その時に起こる熱が痛みに感じ、特に鼻の下、唇の下、顎等のヒゲが密集している部分、密度が高い部分には痛みを特に強く感じやすいです。

 

ヒゲのレーザー脱毛の初回は特に痛みを感じやすいと思います。

 

レーザーのヒゲ脱毛の痛みについてはよく、「輪ゴムでピシピシされているような、弾かれる痛み」lっと表現されています。確かに、「強めに輪ゴムを引っ張って、手を放した時のパチンって感じ」が私の場合は当てはまりました。部位によっては太めの輪ゴムでって感じですかね。線香に火をつけた状態で一瞬肌に押し当てられる感じにも似ているかと。

 

これを激痛に感じる人もいれば、我慢できなくはないけど痛い、我慢できる人もいるわけです。いずれにせよ皆痛みを感じているわけです。痛みが気にある人の場合には、そんな人のために麻酔があるので問題なし!肌に塗るタイプの物もありますが、即効で麻酔の効果を感じられるのは笑気ガス!ちょっと頭がボ~っとする感じで、2~3回深呼吸するとすぐに麻酔が効いてきます。

 

酔った時の様な感覚になるので、外部からの刺激に対しても鈍感になり痛みを感じにくくなりますよ。

 

そして、脱毛の回数を重ねるごとにどんどんヒゲが薄くなるので痛みも感じにくくなってきます。その分照射力を上げることができるので、その分痛みを感じますけどね。肌の色が黒いと痛みも感じやすくなるようです。日焼けは厳禁!黒くなりすぎると脱毛してもらえませんからね!